外構における「植栽」の役割

目隠しの役割

町田市で一戸建て住宅を持っている場合には、外構工事をすることで住宅の外観が引き締まります。
最近は、ブロック塀で建物の周りを囲む住宅は減ってきましたが、依然としてプライバシーの問題からブロック塀を利用している人もいます。
ですが、ブロック塀の場合にはお金がかかるだけでなく、少し冷たい感じがしますのでそれよりも建物の周りに植栽をした方がよいでしょう。
特に、人はよく通る場所に土地がある場合には、通行人から家の中が丸見えになってしまいます。
このような場合には植栽をすることで、目隠しの役割をすることが可能です。

境界を示す役割

植栽は、単に通行人や自動車から部屋の中をのぞかれたくないといったプライバシーの問題だけではなく、境界線を示す役割も存在しています。
最近の住宅は、地面の中に埋まっている杭を見ればどこが境界線か判別がつきます。
ですが、一昔前の住宅の場合は境界線があいまいなことが多く、隣同士の住人でもわからないことがあります。
もし、植栽をする場合には、隣近所との間で境界線を確認してもらい、その上で樹木を植えるべきです。
その方が後でトラブルになることも少なく、双方が納得した状態で気持ちよく外構工事をすることができるでしょう。

カテゴリー: 外構を考える | タグ: , , , | コメントする

外構デザインは家の将来を見据えて考えましょう

「どんな家にしたいのか」は家主にしか分からない

いくら設計やデザインのプロであっても、どんな家に仕上げたいのかは家主しか知り得ない情報です。
しかし、家主にとっても漠然としたイメージしかなく言語化することが難しいことがあります。
その原因は家の将来をはっきりと見据えていないためです。
また、住んでいるその時の状況だけで判断してしまうと後悔することにもなりかねません。
なぜなら、住む人の環境も刻々と変化するからです。
バリアフリーの重要性はよく聞きますが、二世帯住宅などはご両親が車椅子生活となった場合などを想定する必要があるでしょう。
犬を飼ったり子供が大きくなったりなど10年以上先まで見据えることが、外構を決めるポイントです。

イメージを詳しく業者に伝えるのが肝心

失敗しない外構デザインにするには詳細なイメージを伝えることに注意しなければいけません。
色一つとってもイメージの相違は顕著に起こります。
男性と女性が想像する赤色は思い描くものが異なると言われています。
男性は原色に近いものを想像しやすい傾向がありますが、女性は淡いピンクに近い色を思い浮かべる違いが生じるのです。
あくまで例えですが、色やデザインを伝える場合には、しっかりと現物に近いサンプルを用意しましょう。
伝わっているだろうと思って進めてしまうと、トラブルのもとになります。
町田の景観にあった外構を作り上げるには、二人三脚での意思疎通が重要なのです。

カテゴリー: 外構を考える | タグ: , , , | コメントする

外構のおしゃれさで家の印象は左右される!

外構まで含めて「家」は完成する

家を建てるというと建物だけに注意が行ってしまいがちですが、私たちは実際に他人のお宅を訪問する際なども、表門から玄関までの間や庭の様子など、敷地内全てを含めた全体的な印象でその家がどんな家かを判断しています。
どれだけ立派な家でも更地のような場所にポツンと立っていてはみすぼらしく見えてしまうものなので、外回りのレイアウトなども含めて家は完成するといえます。
建物を建てる作業と外構工事はまた種類の違うものなので、こだわるならば外構工事を専門にする会社などに依頼する方がいいでしょう。
外構からおしゃれにして素敵な家を演出しましょう。

外構で手を抜くと素敵な家もどこか物足りなく見える…

立派な門構えの家で敷地の広い家でも、一歩門の中に入ると草はぼうぼうで荒れ放題では、お屋敷まで物足りなく見えてしまいます。

このように外構で手を抜いてしまうと、家全体の印象に影響を及ぼしてしまうので、家を建てる際にはしっかりと打ち合わせをして建物の外からおしゃれで美しく見えるように考え、またしっかりと維持していくことが重要になってきます。
町田にある外構工事専門の会社などに相談して、どのようなものを作れば全体におしゃれな印象を持たせることができるのかを一緒にイメージし、その中で仕事や家族構成などの状況を考えて、無理なく維持できるものを選ぶようにしましょう。

カテゴリー: 外構を考える | タグ: , , , | コメントする